TOP

イベント

未来をのぞく住宅展のイメージ

未来をのぞく住宅展

未来をのぞく住宅展&建築家無料相談会

『2会場同時開催! がんばれ!みやぎ 仙台青葉・仙台南・あぶくま・みちのく・石巻』

【仙台市ガス局ショールーム会場】

加藤一成/牧野嶋彩子/鈴木恵介/小島広行/鈴木弘二/鈴木大助/星野明

【サンフェスタ会場】

佐藤忠幸/吉田和人/板垣美保/秋田憲二/増子順一/須川哲也/谷真紀子/安達揚一/藤田渉/船木幸子/脇坂圭一

イベント概要

会場 1

日時
参加費
無料
参加建築家
6 名

会場 2

日時
参加費
無料
参加建築家
11 名

Q & A

建築家展とは

ASJ のイベント開催数はのべ 5000 回以上、約 26000 組のお客様にご来場いただいております。

建築家展に参加すると...

  • 今までに手がけた多様な 建築実例 を見ることができます
  • お手持ちのプラン を建築家に相談できます
  • 家にまつわる セミナー にも参加できます
  • イベント会場だけの 特典 を受けられます
建築家展の様子

ASJ とは

ASJ (アーキテクツ・スタジオ・ジャパン) は、デザイン (設計) から施工までの 建築家との家づくり をトータルでサポートするネットワークです。

国内で活躍する 1/3 の建築家を擁し、新築からリフォームまで、年間約 1000 件の設計提案をしています。

建築家との家づくりとは

ハウスメーカーの注文住宅はお客様のご要望に沿って設計しますが、シリーズである故に制限も多くフルオーダー、自由設計とまではいきません。 また、広い土地で建てた大きな家だとかっこよく収まるデザインでも狭い土地で建てると、一部分だけ切り取ったような家になりがちです。

建築家による自由設計の場合はデザイン住宅として質が高いことはもちろん、シリーズのような枠がないのでまさに自由です。 自由といっても全てお客様の言う通りに設計するわけではなく、プロとしての助言や提案もいたします。 特に都心のような狭い土地や変形地のようなシーンでの対応力はとても高く「そこに収まるように設計」するのではなく「その土地を活かす設計」を行います。

参加建築家

今回のイベントで相談、レクチャー、プランを考えてくれる ASJ の登録建築家です。
加藤一成の写真
2011/7/16〜18
私たちに求められているものは、単に『物』のデザインではなく、『スタイルのデザイン』であり、『日々の暮らしの中で人の心を豊かにするデザイン』であり、『幸せのデザイン』だと思っています。お客様のニーズに的確にお応えし、ご期待を上回る提案ができる空間創りの強力なパートナーでありたいと思っています。
牧野嶋彩子の写真
牧野嶋彩子
2011/7/16〜18
住まいづくりで一番心がけているのは、心地よさです。心地よい空間で、心地よい時間が過ごせる住まいづくりのために、お客様との対話には時間をかけています。
小島広行の写真
2011/7/16〜18
周辺環境に融合し、地域・文化・自然等と共生する建築づくりを目的とします。上辺だけのデザインでなく機能的でライフスタイルに合致した深い愛着の湧く建築を創出します。さらに、クライアントと一体となり新しい発想とオリジナルデザインを付加することで、要望を満たした特徴的な建築を提供できることをお約束致します。
鈴木弘二の写真
2011/7/16〜18
住宅は、施主が抱いている夢の実現だと考えます。我々は、その夢を共に作り上げ、最上の住宅に仕立てることが使命と考えます。また、表層の仕上げや奇をてらったデザインを目指すのではなく、環境に配慮し「生活と空間」が融合する豊かな建築を創造したいと考えます。
鈴木大助の写真
2011/7/16〜18
お客様と一緒に楽しく将来にわたって住みやすい快適な家づくりを行います。
星野明の写真
2011/7/16〜18
“心地よい”と素直に感じられて、少しだけ“面白さ”の発見がある空間を目指しています。家族へも地域へも閉ざすことなく、それぞれがゆるやかな関係を保つ空間を配慮することが、豊かで快適な生活を楽しめることに繋がるのではないかと考えています。
佐藤忠幸の写真
佐藤忠幸
2011/7/16〜18
私たちは、専門家が陥りやすい機能や性能などの一見分かり易い指標に過度に寄り添うことなく、住まい手のライフスタイル・ライフサイクル・ライフステージを共に考えながら潜在的な要望を引き出すと共に、周辺環境との調和を図り、住空間の広がりのある可能性を住み手と共に創り上げます。
吉田和人の写真
2011/7/16〜18
「ちゃんと考え、きちんとつくる」をキャッチフレーズに、固定概念にとらわれない将来を見据えた本質的な価値を考え、敷地の特性やニーズをお客様と共に考えながら家づくりを行い、身の丈に合った楽しい暮らしを現実的にする、お客様目線の家づくりを目指しています。
板垣美保の写真
2011/7/16〜18
帰ってきた瞬間に『ほっ』とする。その心地良さの感覚はそれぞれの住み手によって異なり、住み手と共に考え、創り育てることで、それぞれの五感に伝わる気持ちのよい家づくりを実践し、あずましい家・自然の光と風を感じる家、そんな個性溢れる家をオーナー様と二人三脚で創りあげていきたい。
秋田憲二の写真
秋田憲二
2011/7/16〜18
設計という作業は建て主と設計者とのコミュニケーションが大切です。 それぞれのご家族の生き方や考え方を理解することはデザインの原動力となります。 家創りは、夢や希望を叶えることです。どんな些細な事でもお話いただき、共に考えて、最良で朽ちないデザイン及び空間を共創していきましょう。
増子順一の写真
増子順一
2011/7/16〜18
手をかけることで愛着が増していく。愛着のあるモノは新品にはない価値がある。家もヴィンテージジーンズのようであったらいいと思う。住むほどに愛おしくなる家には、時を経たものにしか醸しだせない味がある。<br>Vintage modern house何年過ぎても変わらない「価値」のある空間で暮らそう。
須川哲也の写真
2011/7/17〜18
建物は一度完成すると簡単には動かしたり変えたり出来ません。それは不自由なことではありますが、一方で、そのことが私たちの生活を支え、拠り所を与えてくれます。常に変化する生活と、変わらない建物とがどういう関係にあれば気持ち良いかを考えながら設計して行きたいと思います。
須川真紀子の写真
2011/7/16〜17
建物は一度完成すると簡単には動かしたり変えたり出来ません。それは不自由なことではありますが、一方で、そのことが私たちの生活を支え、拠り所を与えてくれます。常に変化する生活と、変わらない建物とがどういう関係にあれば気持ち良いかを考えながら設計して行きたいと思います。
安達揚一の写真
2011/7/16〜18
住まう方のライフスタイルや個性にフィットした住空間を、共に考えつくることが最良の住まいづくりと考えています。同時に、機能性・安全性・美観上にも配慮した、気持ちの良い元気の湧き出る住環境を創り出すことを常に心がけています。
藤田渉の写真
2011/7/16〜18
ひとそれぞれ異なる「感性」を持っています。様々なライフスタイル、周辺環境など、「要素」が加わり、そこに「個性」を持った住まいが生まれます。自然でなにげないけど「肌触りのよい」、永く愛される住まいを共につくりたいと思います。
船木幸子の写真
2011/7/16〜18
住まい手の方らしさとフナキジムショらしさが合わさることを目指しています。
脇坂圭一の写真
2011/7/16〜18
北海道で生まれ育った経験と北欧デンマークで学んだ経験から、環境のもつ不均質さをリフレクトし、身体の知覚を覚醒させるような建築をつくりたいと思います。

会場情報

仙台市ガス局ショールーム 2F・ガスサロン

地図をクリックすると拡大します

仙台卸商センター 産業見本市会館 サンフェスタ 4F・展示室

地図をクリックすると拡大します

開催