TOP

イベント

第36回未来をのぞく住宅展のイメージ

第36回未来をのぞく住宅展

イベント概要

会場 1

日時
参加費
無料
参加建築家
17 名

会場 2

日時
参加費
無料
参加建築家
11 名

Q & A

建築家展とは

ASJ のイベント開催数はのべ 5000 回以上、約 26000 組のお客様にご来場いただいております。

建築家展に参加すると...

  • 今までに手がけた多様な 建築実例 を見ることができます
  • お手持ちのプラン を建築家に相談できます
  • 家にまつわる セミナー にも参加できます
  • イベント会場だけの 特典 を受けられます
建築家展の様子

ASJ とは

ASJ (アーキテクツ・スタジオ・ジャパン) は、デザイン (設計) から施工までの 建築家との家づくり をトータルでサポートするネットワークです。

国内で活躍する 1/3 の建築家を擁し、新築からリフォームまで、年間約 1000 件の設計提案をしています。

建築家との家づくりとは

ハウスメーカーの注文住宅はお客様のご要望に沿って設計しますが、シリーズである故に制限も多くフルオーダー、自由設計とまではいきません。 また、広い土地で建てた大きな家だとかっこよく収まるデザインでも狭い土地で建てると、一部分だけ切り取ったような家になりがちです。

建築家による自由設計の場合はデザイン住宅として質が高いことはもちろん、シリーズのような枠がないのでまさに自由です。 自由といっても全てお客様の言う通りに設計するわけではなく、プロとしての助言や提案もいたします。 特に都心のような狭い土地や変形地のようなシーンでの対応力はとても高く「そこに収まるように設計」するのではなく「その土地を活かす設計」を行います。

参加建築家

今回のイベントで相談、レクチャー、プランを考えてくれる ASJ の登録建築家です。
越路龍一の写真
2012/9/15〜17
住宅はいろいろな建築の分野の中でも、もっとも難しく、もっとも多様で、もっとも楽しいものだと思います。様々な制約の中でも楽しさを忘れず、シンプルに発想し多様な住まい方を提案できればと考えています。
久野啓太郎の写真
2012/9/15〜16
設計にあたってはまず建て主さんとのコミュニケーションを大切にしたいと思っています。建て主さんの住宅建設にあたっての考え方や希望、意見を十分に理解することから始まります。住宅は建築と人とのつながりが最も密接だとおもうからです。
敷浪一哉の写真
2012/9/15〜16
あなたが語る夢を読み込み 暮らしをデザインします。 与えられた自然を操作し 感情をデザインします。 二つのデザインの先に見えるものは 普遍的な居心地の良さであり 住まいの根底にあるものであると考えています。
坪井当貴の写真
2012/9/15〜16
毎日の生活を心地よく暮らしたい。誰もが想うそんな当たり前の感覚を大切にしたいと思っています。心地よい衣服を身に纏うような感覚、依頼者にとって生きた「環境」をデザインすること。シンプルですが、いつもそこが原点だと思っています。
坪井一代の写真
2012/9/15〜16
毎日の生活を心地よく暮らしたい。誰もが想うそんな当たり前の感覚を大切にしたいと思っています。心地よい衣服を身に纏うような感覚、依頼者にとって生きた「環境」をデザインすること。シンプルですが、いつもそこが原点だと思っています。
秦野浩司の写真
2012/9/15
お客様の夢の家造りが実現出来るように 精一杯サポート致します。
白子秀隆の写真
2012/9/15
何をするでもなく、ただ居心地のよい時間を過ごせる場所。素直に気持ちがよいと思える住まいを提案していきたいと思います。
小野雅之の写真
2012/9/15
「居場所をつくる」「風景をつくる」「外部空間とのつながりをつくる」を3つのキーワードに「住まい手の思い」をプラスした設計を目指します。
小野育代の写真
2012/9/15
「居場所をつくる」「風景をつくる」「外部空間とのつながりをつくる」の3つのキーワードに「住まい手の思い」をプラスした設計を目指します。
杉山純一の写真
2012/9/16〜17
その土地には、其処にしか無い光や風、土、景色があります。それは、其処にしか無い建築の「カタチ」が生まれてくるという事です。その「カタチ」を廻りの景観に逆らう事無く自然のままに配置する。花は主張しません。鳥はかざりません。でも美しい。そんな建築を目指しています。
篠原智一の写真
2012/9/16〜17
その土地には、其処にしか無い光や風、土、景色があります。それは、其処にしか無い建築の「カタチ」が生まれてくるという事です。その「カタチ」を廻りの景観に逆らう事無く自然のままに配置する。花は主張しません。鳥はかざりません。でも美しい。そんな建築を目指しています。
糸井裕構の写真
2012/9/16〜17
その土地には、其処にしか無い光や風、土、景色があります。それは、其処にしか無い建築の「カタチ」が生まれてくるという事です。その「カタチ」を廻りの景観に逆らう事無く自然のままに配置する。花は主張しません。鳥はかざりません。でも美しい。そんな建築を目指しています。
後藤武の写真
2012/9/16〜17
住宅は消費財ではありません。経年変化で価値が下がっていくのではなく、ますます価値が高まるものを作っていく必要があると思っています。
岡村裕次の写真
2012/9/16〜17
人にはそれぞれ固有の生活、家族、将来像などがあります。そして住宅もまた建て主にとって固有のものです。既存の価値観にはとらわれず、対等な立場で対話を繰り返しながら、共同作業の末にできあがるものが理想の住宅だと考えます。
前島周子の写真
2012/9/17
・・・楽しみながら、丁寧に、大切に、心を込めて・・・をモットーに活動をしています。
石黒隆康の写真
2012/9/17
BUILTLOGICとは、BUILT=建てる、LOGIC=論理的に、を結合させた造語です。機能的で快適な住空間を提案することを第一に考えています。感覚的になりがちなデザイン作業を論理的に行いたいと思っています。
佐久間徹の写真
2012/9/17
家づくりは楽しいイベントです。 抽象的なご要望やイメージが、具体的な空間になっていくプロセスを、楽しんでいただきたいと思います。 変化していく暮らしを、長い時間をかけて柔らかく受け入れていくような建物をつくっていきたいと考えています。
池和田有宏の写真
2012/9/16
住宅は注文主が生涯にわたってそこに住み続ける事を前提にした建築です。住宅を設計するに際して常にこの事を心掛けています。具体的には健康に関わる材料、日照、通風を。外観は佇まいのある、廻りの風景にとけ込んだ建築を理想にしています。
藤田征樹の写真
2012/9/16
風土、自然、伝統、歴史等を受け継いできた建築は誰もが美しく、気持ちよく感じるものであると思います。一方で現在作り出されている建築はこのあたりのことをないがしろにしてきたように思います。私は現代の環境をふまえつつ、過去と未来を繋ぐことが出来る現代の快適で美しい住まいを目指したいと 考えています。
三村邦彦の写真
2012/9/16
住宅設計で一番大切なことは、クライアントの住宅に対する夢、思い、考えを試行錯誤しながら如何に現実に近づけることだと思います。納得いくまで十分話し合い、住む人が喜びを感受できる住まいを提案し、完成後も公私にわたりお付合いを継続していきたいと考えています。
平林繁の写真
2012/9/16
住まいは生活の基盤です。家族に心身ともに安らぎとくつろぎを与えてくれます。家族が常に還ってくるところです。堅牢であり、美しく、また変化しつづけるライフスタイルにも対応できる柔軟なものでもあるべきです。そして住まいは家族みんなが共有する世界で唯一の記憶装置にもなるのです。
森博の写真
森博
2012/9/16
準備中
加藤功の写真
2012/9/16
住まわれる方が愛着を持ち、満足される住まいを生み出すことが大切だと考えています。 様々な条件を読み解き、依頼者の期待以上の質を提案できるよう最善を尽くします。
小森美和子の写真
2012/9/16
「住まい」とは、生活の「場」。生活者の視点・感覚から「住まい」を考え、「住む人」の営みによって、生活の「場」が豊かな空間となるようにデザインします。そして気候や風土、環境を生かし、永く住み続けられる「住まい」をつくります。
木内厚子の写真
2012/9/16
普段の生活の傍らには、必ず建物やその内部の空間があります。力というと、なんだか怪しいもののように感じるかもしれませんが、気持ちのよい場所であったり、落ち着く場所であったり、わくわくする場所であったりと、人の心に響くものです。だからこそ、大切に創り上げたいと考えています。
田代敦久の写真
2012/9/16
「シンプルにつくりシンプルに暮らす」が私の設計のポリシーです。住まいは色々な意味−仕上や片付けやすさ・動線等−でシンプルであるべきだと考えています。又、そうありたいと思う方が私のクライアントに多いですね。
岡平將宏の写真
岡平將宏
2012/9/16
住まいとは、住む人(家族)が居心地よく、その人(家族)にとって機能的で遊び心のある器であることが大切だと思います。そんなことを心掛けて家づくりをしています。「休日も家で過ごしたくなるような楽しい住まいを・・・。」
水口裕之の写真
2012/9/16
住まいとは人にとって基本的な場所でありまた格別な場所です。暮らしとは一様ではなく常に変化していくものですが、その絶え間ない変化を受け止めるだけの寛容さと強さが住まいには必要だと考えます。シンプルであることは必ずしも簡単ではありませんがそうすることで大きな豊かさも生み出せるのではと思っています。

会場情報

フジサワ名店ビル 6F

地図をクリックすると拡大します
神奈川県 藤沢市 南藤沢2-1-1

藤沢市民会館

地図をクリックすると拡大します
〒251-0026 神奈川県 藤沢市 鵠沼東8番1号

開催スタジオ

ASJ SHONAN STUDIO
ASJ 湘南スタジオ へのお問い合わせはこちら
0466-28-2005