家のことを建築家に聞くなら ASJ の建築家展 / 相談会

イベント

第3回建築家展のイメージ

第3回建築家展

イベント概要

会場 1

日時
参加費
無料
参加建築家
10 名

会場 2

日時
参加費
無料
参加建築家
7 名

Q & A

建築家展とは

ASJ のイベント開催数はのべ 5000 回以上、約 26000 組のお客様にご来場いただいております。

建築家展に参加すると...

  • 今までに手がけた多様な 建築実例 を見ることができます
  • お手持ちのプラン を建築家に相談できます
  • 家にまつわる セミナー にも参加できます
  • イベント会場だけの 特典 を受けられます
建築家展の様子

ASJ とは

ASJ (アーキテクツ・スタジオ・ジャパン) は、デザイン (設計) から施工までの 建築家との家づくり をトータルでサポートするネットワークです。

国内で活躍する 1/3 の建築家を擁し、新築からリフォームまで、年間約 1000 件の設計提案をしています。

建築家との家づくりとは

ハウスメーカーの注文住宅はお客様のご要望に沿って設計しますが、シリーズである故に制限も多くフルオーダー、自由設計とまではいきません。 また、広い土地で建てた大きな家だとかっこよく収まるデザインでも狭い土地で建てると、一部分だけ切り取ったような家になりがちです。

建築家による自由設計の場合はデザイン住宅として質が高いことはもちろん、シリーズのような枠がないのでまさに自由です。 自由といっても全てお客様の言う通りに設計するわけではなく、プロとしての助言や提案もいたします。 特に都心のような狭い土地や変形地のようなシーンでの対応力はとても高く「そこに収まるように設計」するのではなく「その土地を活かす設計」を行います。

参加建築家

今回のイベントで相談、レクチャー、プランを考えてくれる ASJ の登録建築家です。
有村和浩の写真
2013/3/2〜3
岩脇雅彦の写真
2013/3/2〜3
家とは思い出をつづるアルバムのようなものだと思います。家族や友人との思い出が一つ一つ家の記憶としてつづられていくことでしょう。泣いたり、笑ったり、大切な記憶をつつみこむ包容力のある、すてきな空間が作り出せれば、と考えています。一番最初につづられるすばらしい思い出が「家」づくりだと思います。
野邊伸一の写真
2013/3/2〜3
家とは思い出をつづるアルバムのようなものだと思います。家族や友人との思い出が一つ一つ家の記憶としてつづられていくことでしょう。泣いたり、笑ったり、大切な記憶をつつみこむ包容力のある、すてきな空間が作り出せれば、と考えています。一番最初につづられるすばらしい思い出が「家」づくりだと思います。
有島忠男の写真
2013/3/2〜3
住むことが楽しい家、のんびりできる家、派手じゃないけどデザインされた家、存在感のある家、家族のための家、自然の移ろいを感じられる家、人にも環境にも優しい家、家族が仲良く暮せる家、気持ちのいい家・・・・・・・そんな『住み心地のいい家』を作りたいと思いつつ住宅の設計をしています。
山口誠の写真
2013/3/2〜3
「人が住み、そこに日常が加わってこそ 器は完成する。」と考えます。 クライアントの思いを1つずつお伺いし 私の頭の引き出しを覗いて頂き 生活スタイルに合致したより良い住まいが生れる事を心がけています。
那波勉の写真
那波勉
2013/3/2〜3
デザインや見栄えだけに走るのではなく、季節ごとの太陽位置や風の流れといった自然要素を上手に取り入れる基本的なことを大切にしていきたいと考え、自然との調和の中で、いかにして心地よい、快適な空間を創りだせるかをベースとしています。
那波奈津代の写真
2013/3/2〜3
着心地のいい、ぬくもりのある普段着のような家作りを一緒に楽しみたいと思っています。
川良昌宏の写真
2013/3/2〜3
住宅は一世代で終わるものではなく、子から孫へと住み続けるものだと考えます。 それに加えて、四季の移ろいや光、風の通りと自然の環境を取り入れ、住み手の心象風景に刻まれる良好な空間を提案していきたいと考えます。
大森創太郎の写真
2013/3/2〜3
家は思い出をつつむあるいは背景になるものです。思い出は人生を豊かにします。私はあじわいがあり、心地よく、空間が美しいというようなもの、いろいろな意味を含んだ「気持ちいい」もの、また「永くいい」ものをつくりたいと思います。また私たちつくり手はそれらは誰のためのものなのかを忘れてはなりません。
板越政幸の写真
2013/3/2〜3
新しい家が欲しいと思うきっかけは、今の家に対する問題や不満があることがほとんどです。その問題や不満を解消するアイディアを提案することが僕らの仕事だと考えております。クライアントとのコミュニケーションを通して「どこにでもない、自分らしい心地よい家」を一緒に作りたいと考えています。
有村和浩の写真
2013/3/30〜31
徳永崇大の写真
2013/3/30〜31
私が提供したい『オリジナル』とは、施主であるお客様の「らしさ」です。 その中で出来るだけカッコ良い表現をしていきたい・・・・・。 そんな感じです。 ご自分のライフスタイルを「カタチ」にする、そのようなお手伝いが出来るように努めます。
末永幸太の写真
2013/3/30〜31
末永幸太建築設計では、ひとつひとつのプロジェクトをお客様の思いに合わせ、丁寧に築き上げていきたいと考えております。
太田則宏の写真
2013/3/30〜31
「住宅」や「家」ではなく「棲み家」。この言葉に何か魅力を感じます。人と建物と環境のちょっといい関係。そんな棲み家をつくりたいです。
西薗守の写真
2013/3/30〜31
住まう人が暮らを楽しみ、幸せになれる工夫のある住空間を生み出し、光の差し方、風の通り、周りの風景の自然環境をしっかり捉えた上で、クライアントの夢を住まわす、こだわりの住空間の設計を追求しております。 そして、「“いい住まい”とは、家族が幸せになる“すみか”」だと考えております。
川﨑晃の写真
2013/3/30〜31
風景と馴染みながらも、存在感のある端正な住まいの設計を目指しています。
徳増俊博の写真
2013/3/30〜31
デザイン優先ではなく生活機能を最優先し、機能から出る美しさを重要視しています。特に自然の光と風を積極的に取り入れることで自然環境を機能として取り入れながらも、景観等を含めた空間の美しさも得ようと考えています。

会場情報

イオンモール鹿児島 3F・イオンホール

地図をクリックすると拡大します

ASJ鹿児島中央スタジオ

地図をクリックすると拡大します
鹿児島県 鹿児島市 西田3丁目1-1

開催スタジオ