Event

ASJ の催事情報

建築家展とは

建築家と住宅を身近にするイベント

ASJのイベント開催数はのべ5000回以上、約26000組のお客様にご来場いただいております。
建築家展に参加すると...
・今までに手がけた多様な建築実例を見ることができます ・お手持ちのプランを建築家に相談できます ・家にまつわるセミナーにも参加できます ・イベント会場だけの特典を受けられます
セカンドオピニオン

お客様からの相談・質問

専門的なことから初歩的なことまで、
様々な質問や相談が寄せられます。

  • 基礎ってなんですか?
  • ツーバイフォーってどんな建物?
  • 住宅ローンのことを教えてほしい
  • 設計料はいくらくらい?
  • デザインが奇抜にならない?
  • この家具が映える家が欲しいんだけど...
  • リフォームか建て替えか、アドバイスしてほしい
  • 築100年の古民家なんだけどリノベーションできる?
  • 提案してもらったプランや間取りがちょっと納得できない。建築家ならどう考える?
  • 敷地の条件が厳しくてどこも断られてしまうんだけど...
  • 耐震性の高い家がほしい

その他多種多様な質問に専門スタッフと建築家がお答えします。是非イベント会場まで足をお運びください。

第63回夏の建築家展のイメージ

第63回夏の建築家展

概要


会場
会場
参加費: 無料

なぜ ASJ を選ぶか


暮らしを変える。

何かを変えたい時や気分や状況に合わせて身の回りのものを新調すると気持ちが上がりますよね。新しい住まいで暮らしをより良く変身させてみませんか。

理想の家は ASJ が叶えます。

住宅の購入を考える時、一般的なのは建売住宅の購入やハウスメーカーのシリーズものによる注文住宅です。 これらは誰であっても一定の住み心地を得られる家ですが、住む人にとって一番心地のいい家とは言えません。 LDKなど決められた規格や不動産としての価値に縛られず、住む人の考え方や生活パターン、生き方を考慮した、本当に心地よいと思える空間であることがいい家の条件だと考えます。

設計は建築家。

ASJ はお客様の住み心地や暮らしの向上はもちろん地域の文化の繁栄も建築の大事な使命とし、住宅こそ建築家の自由設計が理想であると考えます。 この考えに賛同する登録建築家(約 3000 名)による ASJ の施工実績は全国で 6000 件に及びます。

ハウスメーカーの設計と
建築家はどう違うのか。

ハウスメーカーの注文住宅はお客様のご要望に沿って設計しますが、シリーズである故に制限も多くフルオーダー、自由設計とまではいきません。 また、広い土地で建てた大きな家だとかっこよく収まるデザインでも狭い土地で建てると、一部分だけ切り取ったような家になりがちです。 建築家による自由設計の場合はデザイン住宅として質が高いことはもちろん、シリーズのような枠がないのでまさに自由です。 自由といっても全てお客様の言う通りに設計するわけではなく、プロとしての助言や提案もいたします。 特に都心のような狭い土地や変形地のようなシーンでの対応力はとても高く「そこに収まるように設計」するのではなく「その土地を活かす設計」を行います。

ASJ のイベントで
建築家の設計を体感。

ASJ では建築家と建築家の設計を身近に感じていただくため、全国各地で建築家を招いた催しを行なっています。建築家展や相談会では家に関する疑問や悩みを建築家に相談してください。 セミナーでは、毎回家に関するテーマで建築家などのプロフェッショナルが講義を行います。 見学会ではお客様の要望に応えひとつひとつ設計した新築住宅を見学、直に体感することができます。

参加建築家

今回のイベントで相談、レクチャー、プランを考えてくれる ASJ の登録建築家です。

会場

ASJ YOKOHAMA CELL

筒井紀博の写真
2015/7/4〜5
その家族、その土地、その時に存在する必然性のある住宅となるよう心がけています。また、住宅では40年、50年と生活します。新築の時が一番美しく、時とともに廃れていくような建築ではなく、人と共に素敵に歳をとる住宅であることが大切だと考えます。笑い皺のたくさんあるご老人達のような住宅が理想ですね。
阿川宮鳥の写真
2015/7/4〜5
住むことに喜びを感じ、住み続けるほど愛着が沸き、古さが味になるような家を目指しています。 そのために対話を大切にし、住む人の個性に、しっくりと馴染む家を追求していきたいと考えています。 又、土地や環境にあわせ、出来るかぎり自然の力を利用し、夏は涼しく冬は暖かいエネルギー効率のよい家を提案します。
後藤武の写真
2015/7/4〜5
住宅は消費財ではありません。経年変化で価値が下がっていくのではなく、ますます価値が高まるものを作っていく必要があると思っています。
佐藤千恵の写真
2015/7/4〜5
打ち合わせを繰り返し、長く時間をかけて出来上がった住宅ほど、その立ち姿はなんだか建主によく似ているように感じることがあります。新しい家族の一員のように、住まう人と共に年を重ね、時を経てなお美しさ・楽しさを増すような人間味のある住宅を作って行きたいと思っています。
佐竹了一の写真
2015/7/4〜5
まず、お住まいになるご家族の個性やスタイルを把握し、住まいに対する希望、将来を一緒に考えたいと思います。そして、敷地の特性や周辺環境を読み解き、人と敷地が良い関係で結びつくような形を導きだします。それは世界で唯一、その場所にあなただけのために生み出されるものだと考えています。
岡崎秀祐の写真
2015/7/4〜5
「優れたデザインは人を快適にする」と信じて、本当にリラックス出来る空間造りを心がけています。 そのためには、住む人の個性を建物に反映させる事が大切と考え、一つ一つ丁寧な家造りに取り組んでいます。
木村直樹の写真
2015/7/4〜5
御要望によく耳を傾ける設計を心がけています。その上でその敷地環境を生かした空間作りをしたいと考えています。
余田正徳の写真
2015/7/11〜12
とことん話し合い、知恵を絞り、時には立ち返りながら、夢や思いのつまった最高の家創りをサポートします。家づくりを通して、素晴らしい経験が出来たと心から喜んでもらえること、また住みはじめてからも愛着を持って可愛がってもらえる唯一無二の家をクライアントと共に創りあげていくことを心掛けています。
柏木学の写真
2015/7/11〜12
光と風が抜け、時計やカレンダーがなくても、時間の流れや季節の移り変わりが感じられる……そんな五感の働きを取り戻せる空間を造り続けています。いっしょに時間をかけた後の住まい心地は、きっと格別のはずです。常に我々も住みたいと願う家づくりを心がけています。
柏木穂波の写真
2015/7/11〜12
光と風が抜け、時計やカレンダーがなくても、時間の流れや季節の移り変わりが感じられる……そんな五感の働きを取り戻せる空間を造り続けています。いっしょに時間をかけた後の住まい心地は、きっと格別のはずです。常に我々も住みたいと願う家づくりを心がけています。
村上治彦の写真
2015/7/11〜12
いい家をつくるヒントは、私達にあるのではなく、住む人の「これまでの生活」や「これからの生活への展望」の中にあります。お施主さんとの会話・コミュニケーションを通してそれらを引き出し、整理し、それに私達のアイディアを加えて、一緒につくり上げていきます。
村上有紀の写真
2015/7/11〜12
いい家をつくるヒントは、私達にあるのではなく、住む人の「これまでの生活」や「これからの生活への展望」の中にあります。お施主さんとの会話・コミュニケーションを通してそれらを引き出し、整理し、それに私達のアイディアを加えて、一緒につくり上げていきます。
池田勝彦の写真
2015/7/11〜12
私たちの設計する住宅は、「機能とデザインのバランス」が大きなテーマです。分かりやすく言うと、住まい手が似合う「使い勝手とカッコ良さ」の追求です。家族の個性と敷地に潜む魅力を最大限に引き出して、ご家族と私たちでオリジナリティーを創りあげていきましょう。
井手勤の写真
2015/7/11〜12
私たちの設計する住宅は、「機能とデザインのバランス」が大きなテーマです。分かりやすく言うと、住まい手が似合う「使い勝手とカッコ良さ」の追求です。家族の個性と敷地に潜む魅力を最大限に引き出して、ご家族と私たちでオリジナリティーを創りあげていきましょう。
山本充彦の写真
2015/7/11〜12
生活の質を高め、人と環境が共生する美しい空間をデザインすることが私たちの仕事です。 知恵を集積した空間づくりを通して、豊かな場とコミュニティーを未来に繋げることを目指しています。鳥の目で街を見、虫の目で現場を感じ、魚の目で社会の流れを捉え、利用者と一緒にわくわくする空間を創りだしたいと思います。
鈴木恵介の写真
2015/7/11〜12
「リゾートに暮らそう」というテーマで設計しています。市街地でもプライバシーを確保した開放的なリゾート空間を実現させます。 しかし、しっかりとした家事動線や収納計画がなければ使い勝手が悪い家になってしまいます。夫婦で設計することで、女性目線を組込んだ「居心地」と「使い心地」の両立をさせていきます。
牧野嶋彩子の写真
2015/7/11〜12
住まいづくりで一番心がけているのは、心地よさです。心地よい空間で、心地よい時間が過ごせる住まいづくりのために、お客様との対話には時間をかけています。
富永哲史の写真
2015/7/11〜12
建築とは機能を満たすだけの箱をつくるのではなく、利用する人にとどまらない周辺環境や風景をもつくりだす重要な役割がある。自然の美しい風景に勝るものはないが人がそこに存在する以上必要な要素として建築も存在する。だからこそ一つずつ大切に風景やシーンを可能な限り責任を持ってデザインしていきたい。
清水俊貴の写真
2015/7/11〜12
いつでも新鮮で、飽きることがなく、何処よりも居心地がよく、そして誰よりも自分を守ってくれる、そんな住まいを作りたいと思います。
会場

逗子文化プラザホール 1F・さざなみホール

猿田仁視の写真
2015/7/11〜12
年月を経て美しさと力強さを増すような、陰翳の強い建築・空間を創造したいと考えます。 奇をてらわず、普遍性に重きを置きながらも何か新しさと懐かしさが共存するような、 五感を使い、空気感と艶のある心地のよい建築を目指しています。
内海繁の写真
2015/7/11〜12
クライアントが何を望み、希望するかをかなえるだけでなく、 さらに、一歩すすめて、楽しい家つくりを目指します。
久野啓太郎の写真
2015/7/11〜12
設計にあたってはまず建て主さんとのコミュニケーションを大切にしたいと思っています。建て主さんの住宅建設にあたっての考え方や希望、意見を十分に理解することから始まります。住宅は建築と人とのつながりが最も密接だとおもうからです。
碧山美樹の写真
2015/7/11〜12
心地よい居場所が、緩やかに、時にはキッパリと、いろいろなつながり方をして、暮らしが育まれていきます。それをやわらかく受け止め、しっかりと包んでくれるのが家だと思います。時が経つ程に、手に肌にしっくり馴染む素材で、だんだん愛着がわいてくる家をつくりたい。楽しみながら、時間をかけて住みこなして下さい。

吉田立の写真
2015/7/11〜12
私たちは「テラスのある家づくり」を設計しています。いつでも窓を開け放てる家、伸びやかに広がる空間を必ずご提案します。また、新築だけでなく、リフォームのご提案も積極的に行っております
久保田恵子の写真
2015/7/11〜12
『五感』を大切にし、心地よさ、使いやすさ、楽しさ、そして心に残る建築を共につくっていきたいと考えております。
田代智子の写真
2015/7/11〜12
住まいにおいて一番大事なのは住まい手の思いとその土地の自然を生かすことであると考えます。ですが自分の本当の思いに気づくことは案外難しいものです。対話の中から思いを引き出せたらと思います。
平野智司の写真
2015/7/11〜12
それぞれの建築には、個別の『課題』が存在します。『個別の課題』に対する『個別の解答』を見つけ出すために、施主とともに考え続け、共通のコンセプトを作り上げて行きたいと考えています。そのような意味で、家づくりは施主との協働作業だと思っています。

会場情報


ASJ YOKOHAMA CELL

  • キッズスペースあり
地図をクリックすると拡大します
〒220-8131 神奈川県 横浜市西区みなとみらい 2丁目2-1 横浜ランドマークタワー 31F

駐車場あり(有料)

逗子文化プラザホール 1F・さざなみホール

地図をクリックすると拡大します
〒249-0006 神奈川県 逗子市 逗子4-2-10

開催スタジオ


ASJ SHONAN STUDIO
ASJ 湘南スタジオ へのお問い合わせはこちら
フリーダイアル 0120-47-3159
0466-28-7227
0466-28-2005