TOP

イベント

建築家展~海を臨む暮らし~のイメージ

建築家展~海を臨む暮らし~

9月19日(土)~27日(日)に総勢31組の建築家が横浜ランドマークタワー31階で作品展示、無料相談会を実施。海辺の暮らしの設計事例など展示。海辺以外にも新築事例、リノベーション事例などもご紹介。21日(祝)15時~ TV番組"建物探訪"でお馴染みの『渡辺篤史』さんのトークショーを開催いたします。(参加無料)
シルバーウィークは横浜ランドマークタワー31階YOKOHAMA CELLにお越しください。

イベント概要

会場

日時
参加費
無料
参加建築家
42 名

Q & A

建築家展とは

ASJ のイベント開催数はのべ 5000 回以上、約 26000 組のお客様にご来場いただいております。

建築家展に参加すると...

  • 今までに手がけた多様な 建築実例 を見ることができます
  • お手持ちのプラン を建築家に相談できます
  • 家にまつわる セミナー にも参加できます
  • イベント会場だけの 特典 を受けられます
建築家展の様子

ASJ とは

ASJ (アーキテクツ・スタジオ・ジャパン) は、デザイン (設計) から施工までの 建築家との家づくり をトータルでサポートするネットワークです。

国内で活躍する 1/3 の建築家を擁し、新築からリフォームまで、年間約 1000 件の設計提案をしています。

建築家との家づくりとは

ハウスメーカーの注文住宅はお客様のご要望に沿って設計しますが、シリーズである故に制限も多くフルオーダー、自由設計とまではいきません。 また、広い土地で建てた大きな家だとかっこよく収まるデザインでも狭い土地で建てると、一部分だけ切り取ったような家になりがちです。

建築家による自由設計の場合はデザイン住宅として質が高いことはもちろん、シリーズのような枠がないのでまさに自由です。 自由といっても全てお客様の言う通りに設計するわけではなく、プロとしての助言や提案もいたします。 特に都心のような狭い土地や変形地のようなシーンでの対応力はとても高く「そこに収まるように設計」するのではなく「その土地を活かす設計」を行います。

参加建築家

今回のイベントで相談、レクチャー、プランを考えてくれる ASJ の登録建築家です。
河口佳介の写真
2015/9/19〜20
素材の持つ特性を消すことなく、陽の光、風の流れといった自然環境を取り込んだ空間を創りたいと考えています。 その土地独自の自然条件や素材を捉え、質感にこだわりを持たせ、耐久性と快適性を併せ持った建物を提案します。
田代敦久の写真
2015/9/19〜20
「シンプルにつくりシンプルに暮らす」が私の設計のポリシーです。住まいは色々な意味−仕上や片付けやすさ・動線等−でシンプルであるべきだと考えています。又、そうありたいと思う方が私のクライアントに多いですね。
もろずみけいの写真
2015/9/19〜20
住宅の設計は建築家の押しつけでは良いものはできません。また頑なに建築家の意見を聞かない人も良いものができません.お互いが意見をぶつけ合ってやっと住みやすい住宅の完成です。
舞田恵子の写真
2015/9/19〜20
建築家とクライアントのコミュニケーションから建物のデザインがうまれます。住まう方のこだわりを対話により引き出し、居心地の良さや楽しさを演出します。
内海繁の写真
2015/9/19〜20
クライアントが何を望み、希望するかをかなえるだけでなく、 さらに、一歩すすめて、楽しい家つくりを目指します。
土橋弥生の写真
2015/9/19〜20
住宅は映画を作るのと似ていると思います。原作は施主様が持ってきます、それを元に一緒に脚本をつくり、時間をかけて一本の映画(一件の家)を作ります。いい映画は人々の記憶に残ります。住宅に家族の思い出(記憶)に残るような、その家でしか体験できない自然の移ろいや、印象的な空間が作れたらと考えています。
伊原孝則の写真
2015/9/19〜20
住む人の個性に呼応しつつ、どんな新しい提案ができるかを考えます。お打合せをしながらゆっくり設計を進め、空間、設備、インテリア、造園を統合的に考えることで最適な住まいのあり方を導くようにしています。
村山一美の写真
村山一美
2015/9/19〜20
住むほどに愛着を増していただけて、暮らしていくうちにオーナーと一緒に変化、熟成していくような住宅を設計したいと思っています。
押尾章治の写真
2015/9/19〜20
与条件に応じて敷地を可能な限り使い切りたい。その過程をクライアントと共有し整理することを通して、敷地内だけでなく周辺環境や社会に対しても新たな意識を広げたい。そういう意識の広がりが結果的に生活の豊かさにつながるのだと思う。
小巻依里子の写真
2015/9/19〜20
どんな周辺環境や敷地条件であっても、伸び伸びとした空間を作りだしたい。やはり家では、思いっきり背伸びできることが大事だと思います。
水口裕之の写真
2015/9/21〜22
住まいとは人にとって基本的な場所でありまた格別な場所です。暮らしとは一様ではなく常に変化していくものですが、その絶え間ない変化を受け止めるだけの寛容さと強さが住まいには必要だと考えます。シンプルであることは必ずしも簡単ではありませんがそうすることで大きな豊かさも生み出せるのではと思っています。
廣部剛司の写真
2015/9/21〜22
作曲をするように建築を設計しています。建築は建つ場所(地球)に腰を据えていますが、地球が動いてくれることで、1日の中でも様々な光が差し込み、季節によっても変化していきます。建築の中に佇み、地球の動きを感じていられるということは、そこで過ごす人に「自分自身は地球の一部なのだ」と語りかけてくれるはずです
石井秀樹の写真
2015/9/21〜22
人生を一瞬の積み重ねをだとすると、その一瞬一瞬を過ごす空間の質は人生の質そのものにどれ程大きな影響を与えるでしょう。大好きな椅子に座って過ごす時間が特別なように、その家で過ごす時間が建て主にとって唯一無二の豊かな時間である、そのような空間創りができればと思っています。
河内真菜の写真
2015/9/21〜22
家造りを通して、自分らしい、新しい「住まい方」 を、共につくってみませんか。 空間のしつらえ方一つで、自分のライフスタイルがグッと楽しく変わったりするものです。どんな小さな「キッカケ」からも、あなたなりの新しく快適な「住まい」を実現できます。
山本学の写真
2015/9/21〜22
「人は家を造り、家は人を創る」と言います。暮らしによって人間が形成されると言っても過言ではありません。クライアントの生活を十分考慮し、敷地の持つポテンシャルを最大限引き出せるように設計しているつもりです。
岡崎秀祐の写真
2015/9/21〜22
「優れたデザインは人を快適にする」と信じて、本当にリラックス出来る空間造りを心がけています。 そのためには、住む人の個性を建物に反映させる事が大切と考え、一つ一つ丁寧な家造りに取り組んでいます。
小澤数晃の写真
2015/9/21〜22
家づくりはお施主さんとの協同作業です。‘会話’を重ねることで見えてくるものを大切にし、そのお施主さんとその場所にしかない空間を一緒に愉しくつくる事を心がけています。
矢野雅稔の写真
2015/9/21〜22
家作りは商品を購入することとは違い、一生のうちで何度も繰り返しできることではないでしょう。家に対する思いや希望をまずはお聞かせ下さい。私たちはその思いを共有し、たくさんのアイデアを出しあいながら設計を進めます。そんな思いのたくさん詰まった空間を楽しみながら作っていきましょう。
黒川浩之の写真
2015/9/21〜22
住宅を設計するときにいつも考えているのは、今の生活を写しとるだけではなく、そこで何十年か暮らしていくその姿が、皆さんに思い描けるような家にしたいということです。そんな家を一緒に形にしていきましょう。
小森美和子の写真
2015/9/23〜24
「住まい」とは、生活の「場」。生活者の視点・感覚から「住まい」を考え、「住む人」の営みによって、生活の「場」が豊かな空間となるようにデザインします。そして気候や風土、環境を生かし、永く住み続けられる「住まい」をつくります。
佐藤千恵の写真
2015/9/23〜24
打ち合わせを繰り返し、長く時間をかけて出来上がった住宅ほど、その立ち姿はなんだか建主によく似ているように感じることがあります。新しい家族の一員のように、住まう人と共に年を重ね、時を経てなお美しさ・楽しさを増すような人間味のある住宅を作って行きたいと思っています。
後藤武の写真
2015/9/23〜24
住宅は消費財ではありません。経年変化で価値が下がっていくのではなく、ますます価値が高まるものを作っていく必要があると思っています。
太田充美の写真
2015/9/23〜24
家は建てるだけが目的ではない。そこで住まい、情緒を感じ、豊かな心を膨らませ、人生を育むための物。人生で一番大きな買い物としての価値と責任を担い、生命を守るのが我々の使命。そして潤いのある人生には「デザイン」が不可欠。「デザインを楽しもう!!}それが合言葉です。
山本健太郎の写真
2015/9/23〜24
建築を通し、光と影のうつろいや風を感じる事で自然の大切さを感じ取ってもらえればいいな。 そしてその空間で家族が楽しく、たくさんの思い出を作ってくれればいいな。 そんな思いで日々設計しています。
多田博の写真
2015/9/23〜24
”Simple&Comfortable”が私共の家づくりに対する基本コンセプトです。日本人が本来持ち合わせている感性をくすぐり、心に響くようなデザインを心がけております。人間の五感に響くような空間作り、「風・光・自然・香り・手触り」などをどのようにその空間に取り込むかを重視し、計画を進めます。
多田祐子の写真
多田祐子
2015/9/23〜24
”Simple&Comfortable”が私共の家づくりに対する基本コンセプトです。華美な美しさではなく洗練され、存在自体が美しいという意味です。日本人が本来持ち合わせている感性をくすぐり、心に響くようなデザインを心がけております。
鶴田伸介の写真
2015/9/23〜24
住まいはそこに住まう人々の聖域です。建築の建つ場を取り巻く環境や、自然との快い関係など住まう皆様のそれぞれの物語があります。このストーリーを深く読み解いて、それぞれに個性豊かで自分達だけの心地よい場所へと誘えればと思います。
宇野健一の写真
2015/9/23〜24
「場所づくり」住まい手の暮らしが主役の場所づくりを目指します。「地域から地球へ」気候風土、街並み、コミュニティなど地域特性との調和を大切にします。地球環境に対しも責任ある設計を心がけます。「コミュニケーティブデザイン」お客様との対話が新たなニーズの発見や住まいへの愛着を育む設計プロセスを心がけます
北脇一郎の写真
北脇一郎
2015/9/23〜24
「家」は人と社会の間で緩衝帯のような役割をしてくれ、人に自由な場所を造ってくれるものではないでしょうか。安らぐ場所、感動する場所、わくわくする場所、いろいろな場所を体験する事ができます。人と共に沢山の会話を通して建築を出来ればと考えています
尾沢敦子の写真
2015/9/25〜27
クライアントとの対話を大切に、心地よい空間作りを一緒に考えていきます。内装、家具を含めてご要望を具現化していくことを心がけております。
尾沢俊一の写真
2015/9/25〜27
私たちは、建築・インテリア・家具をデザインする設計事務所です。 光や風を感じる心地よい空間創りを目指しております。
猿田仁視の写真
2015/9/25〜27
年月を経て美しさと力強さを増すような、陰翳の強い建築・空間を創造したいと考えます。 奇をてらわず、普遍性に重きを置きながらも何か新しさと懐かしさが共存するような、 五感を使い、空気感と艶のある心地のよい建築を目指しています。
岸本和彦の写真
2015/9/25〜27
住宅は公共建築ほど街に対して開く必要はないけれど、街の中に建つ限り、その社会的意味は重要です。私的なものでも構いませんが、よいカタチで街並みに還元されるデザインの方向を示していく必要あります。統一・協調ではなく、個性と生活感の表現、それから社会性の中におけるバランスが重要だろうと思います。
平野智司の写真
2015/9/25〜27
それぞれの建築には、個別の『課題』が存在します。『個別の課題』に対する『個別の解答』を見つけ出すために、施主とともに考え続け、共通のコンセプトを作り上げて行きたいと考えています。そのような意味で、家づくりは施主との協働作業だと思っています。
朝倉元の写真
2015/9/25〜27
お施主様との会話を大切にして、住まわれる方が心地よさを感じる空間作りを心がけています。
朝倉美穂の写真
2015/9/25〜27
お施主様との会話を大切にして、住まわれる方が心地よさを感じる空間作りを心がけています。
長崎由美の写真
2015/9/25〜27
地元の木を使い、住めば住むほど愛着の湧く家づくりを目指しています。
長崎辰哉の写真
2015/9/25〜27
建築を通じて日々の暮らしを豊かで発見に満ちたものにしていきたい。快適な時間を過ごせる場所。使い込むことで美しさが深まっていく空間。自然のうつろいを様々に映し込む住まい。美しい風景を切り取り、自らもまた美しい風景の一部となる建築。そんな夢のある毎日の暮らしを私達と楽しみながら実現させていきましょう。
松田毅紀の写真
2015/9/25〜27
すまいづくりに想う 住むための家/家は人に見せるためのものでも、売るためのものでもありません。あくまでもそこに人が住み暮らすための「すまい」です。パッシブデザイン/気候風土に合った建物の仕組みや工夫で、機械設備に頼るのではなく、太陽・風・樹木など自然と共生した「居心地の良い」住まいの実現を目指す。
冨田享祐の写真
2015/9/25〜27
自然環境を生かし快適な生活空間を実現させるパッシブデザインの視点から、エコロジーな住まいづくり、街づくりへの取り組みを続けています。戸建て住宅、集合住宅、コーポラティブハウス、福祉施設づくり等の活動をしています。
南澤圭祐の写真
2015/9/25〜27
住まいとは、日々繰り返される日常(生活)を包み込むやさしい空間でありたいと考えています。光や風を上手くコントロールし、使うエネルギーを出来るだけ少なくする、そんな生活が楽しくなるような住まいづくりのお手伝いが出来ればと思います。
松岡淳の写真
2015/9/25〜27
日本は南北に長く四季があり、気候風土や土地の形状など2つとして同じ条件の場所は存在しません。建物が建つということはそのような「特別な場所」に1回限り起こる出来事です。 この貴重な機会を価値あるものにするためには、お客様の「いま」と「これから」について対話を繰り返し、信頼関係を築くことが重要です。

会場情報

ASJ YOKOHAMA CELL

  • キッズスペースあり
地図をクリックすると拡大します
〒220-8131 神奈川県 横浜市西区みなとみらい 2丁目2-1 横浜ランドマークタワー オフィスフロア 31F

駐車場あり(有料)

※オフィスエントランスより入り、Eエレベーターでお上がりください。
JR「桜木町駅」より徒歩5分
「みなとみらい駅」より徒歩3分
営業時間 11:00 〜 18:00
定休日 年中無休
(年末年始・展示物の入れ替え日を除く)

開催スタジオ

ASJ YOKOHAMA STUDIO
ASJ 横浜スタジオ へのお問い合わせはこちら
045-633-3366